耳鳴り 難聴

耳鳴り 難聴について

耳鳴り、難聴は内耳、外耳、中耳、三半規管などの、耳の器官の障害による不快な症状です。

耳鳴りは「キーンとした高音」や、「ゴーとした低いの音」を感じる疾患で、難聴は高音低音、または音全体が聞き取りずらくなる疾患です。

40代~60代に多く起こりますが、近年若年層にも「突発性難聴」という形で発症する人も多くなりました。

耳鳴りの大半は、難聴を伴うことが多く、蝸牛内にある有毛細胞から、異常な信号が出ることで耳鳴りが起こり、有望細胞が折れたり、剥がれたりのダメージを受けていると、難聴になると考えられています。

両耳に症状が出やすいのが「加齢性難聴」、「騒音性難聴」

片耳に症状が出やすいの、が突発性難聴、メニエール病、聴神経腫瘍などになります。

耳鳴り、難聴の原因は、すごく多いです!原因がハッキリしていることもあれば、解明されていないことも多いです。

騒音性難聴などや腫瘍、鼓膜の破損、ヘルペスウイルス性などは、原因がはっきりしてます。ですが、突発性難聴やメニエール病などは、原因がわからないことが多く、ストレスや加齢が原因だと診断されます。

ストレスから何が起こって、耳鳴り難聴になるのかがわかっていないのです。多分こうだろうといった仮説になります。

 

ですが、病院では薬を出されます。この薬は炎症を抑えるステロイドや、血流を改善させる薬が処方されますが、改善する場合もあれば、効果が出ないことも多いです。これは、同じ症状でも原因が違うからです。

ただ、ハッキリしているのが、症状が出てから早めに治療を開始する方が有効的ということです。

耳鳴り難聴の出ている期間が、長くなるほど有毛細胞の損傷が大きくなり、改善しにくくなるからと考えられています。

耳鳴り難聴の治療

一般的には薬物治療が基本になります。初期は、入院してステロイド治療を行ったり、高気圧酸素での治療も行われます。

退院後は血流改善を促す薬を処方されることが多いです。

他には、鍼灸院で「耳鳴り難聴」の鍼治療を行うところが多いです。お灸治療ではあまり聞きません。

整体やマッサージでも、専門にやっているところは聞きませんが、下記しましたが、軽症の耳鳴りなら、首肩周りの筋肉の緊張緩和で改善することがあるので、効果がないわけではないと思います。

 

耳鳴り

耳鳴り 難聴の鍼治療

北京堂鍼灸院で行う耳鳴り難聴の鍼治療は、患側の頚部と翳風というツボを中心に刺鍼していきます。

この鍼施術は、私の師「浅野周」が考えた末にいきついたものなのですが、中国では耳鳴り難聴には「翳風」を使うことが一般的であり、現代医学の星状神経節ブロックによる脳血流の改善から、翳風の深部にある、脳を栄養する血管(椎骨動脈)の脳血流を改善させることで改善しているのではないのか?と考えました。

そして試行錯誤を繰り返して、翳風と側頚部(斜角筋部)の刺鍼で、耳鳴り難聴の改善が出来る事がわかりました。

ですが、この治療方法は効果が出る人出ない人がはっきりしています。改善する人は3回の鍼施術までに改善がみられます。3回施術しても改善がみられない場合、続けても改善した例はほとんどありません。耳鳴り難聴の原因がそこには無いか、有毛細胞が変成してしまい、回復できなくなってしまっていると考えられます。

 

メニエール病、突発性難聴、ストレス性難聴、加齢性難聴、騒音性難聴(鼓膜には問題ない場合)の方は改善することが多く、ヘルペスウイルス性難聴や、長期間の耳鳴り難聴は改善することが少ないです。

神経細胞は3ヵ月で回復しずらくなり始めますので、それ以上期間が経過すると、どんどん改善しにくくなります。

私自身が鍼治療をしていて、3ヶ月以内の症状で6,7割の方に改善がみられるように感じます。1年以上経過すると1,2割ぐらいに落ち込みます。改善する耳鳴り難聴の方も、期間が長いと改善しなくなるという事です。早めにいろいろな治療方法を試してみることが、改善の可能性を上げると思われます。

元気な毎日

終わりに、自分でできるケアをお伝えします。これは軽度や出たばかりの耳鳴りなどに効果があることがあります。

首の横を蒸しタオルなどで温めたり、首を横に倒すストレッチ。首の横と後ろを手でマッサージすると改善しやすいです。

あまり強くせず、気持ちいい程度にしてください。側頚部の筋緊張が強くなると、耳鳴りや難聴、めまいが出ることがありますので、首肩こりが改善することで一緒によくなることが多いです。(症状が出たばかりや出たり出なかったりしている程度の状態)鍼灸が恐いと感じ、行動できない方はこれらから始めてみてください。