椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアとは、脊椎間にある椎間板が限界以上に圧泊され、椎間板内の髄核が飛び出ることで神経が圧迫されて、痛みや痺れを起こす症状です。

椎間板ヘルニアは、首や腰で起こり、神経の圧迫される位置次第で、手や足の痺れ痛みが起こります。

神経の圧迫される位置が悪いと、失禁脱糞などが本人の意思とは関係なく起こります。これは脊髄の枝ではなく、脊髄自体を圧迫している為、排尿排便を調節する中枢が機能しなくなるので、失禁脱糞が起こります。

この場合は早い段階で、手術を行い髄核を取り除きます。

それ以外の場合はほとんど手術は行われず、保存療法が基本になります。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症状は、圧迫された神経に痛み、痺れ、感覚障害が起こります。

圧迫される神経によって、症状は変わり、脊髄神経を圧迫するタイプは片側のみに症状が出て、馬尾神経を圧迫した場合は、片側か両側に症状が出ます。

症状が出るのは、椎間板内の髄核が後ろ側に飛び出ることで神経を圧迫するからです。

図のように、椎間板の前側に圧が加わることで起こります。

この場合の体の動きは、腰を曲げる、首を下に向ける動作で症状が出ます。

腰をそらせる動きで症状が出るなら、それは椎間板ヘルニアが原因の症状ではありません。

重症の場合は、常に飛び出たままになってしまいますので、常に痛み痺れ感覚障害が起こったままになります。

 

椎間板ヘルニアの診断について

現代医療 検査

椎間板ヘルニアは、画像診断(レントゲン、MRI)で椎間板が神経に触れている様に見えると、椎間板ヘルニアと診断されますが、実際は椎間板が飛び出ているが、症状が出ない人は大勢います。

画像では神経に触れているように見えても、神経を圧迫して症状を出していないことが多いのです。

ならなぜ痛みや痺れ感覚障害が起こるのか?

病院ではあまり説明されることがありませんが、神経痛の主な原因には筋肉、椎間版ヘルニア、関節(骨)があります。

この中で筋肉性の神経の圧迫が圧倒的に多いです。

実際は、椎間板ヘルニアが原因の確率はかなり低いです。私自身もそうでしたが、北京堂鍼灸院にくる患者さんで椎間板ヘルニアの診断が出ていても、鍼灸施術で改善する例が多くあります。

鍼灸で改善する神経痛は筋肉性が原因です。鍼灸は椎間板ヘルニアや、狭窄症、骨の変形には大きな効果は出ません。

それは鍼やお灸が、椎間板の髄核が飛び出るのを改善したり、骨の変形を治す力がないからです。

鍼灸で出来ることは、神経を圧迫するインナーマッスルの緊張を緩めたり、痛み止め成分を脳内に出すことです。

なので、鍼灸で改善が見られた時点で、筋肉性の神経痛になるのです。

むしろ椎間板ヘルニアが原因で来院する人は年に1人か2人くらいです。

 

椎間板ヘルニアの方は、症状がはっきりしています。

腰を一定以上に曲げると、神経に沿って痛みや痺れが強烈に出ます。

病院では、画像診断が基本なので画像上に椎間板の飛び出しがあれば「椎間板ヘルニア」の診断になるのです。

筋肉性は、梨状筋症候群などの診断も出されますが稀です。ほとんどの病院では湿布と痛み止めの処方で終わりですから、筋肉性だと説明しても何も治療方がありません。

電気治療機を使用する病院もありますが、表層の筋肉しか刺激できませんので効率が悪いです。理学療法士が直接運動療法を行う病院でしたら、とても患者想いな良い病院だと思います。

 

手足の神経痛には鍼灸が効率的

大腰筋刺鍼

椎間板ヘルニアの症状は、神経を圧迫されることで起こる神経痛(痛み、痺れ、感覚障害)です。

これらの原因の多くは、インナーマッスルと呼ばれる筋肉です。

インナーマッスルは骨に近い位置にあり、神経の出口に覆いかぶさるように着いているものがあり、インナーマッスルの緊張が強くなり、挟まれて圧迫されることで、神経に痛みシビレが起こります。

頸なら斜角筋。腰なら大腰筋、腸骨筋、臀部なら梨状筋や小中殿筋などが主です。

これらの筋肉を緩める方法で、効率的なのが鍼施術です。

鍼治療は、直接原因の筋肉に刺鍼すると、置鍼して約10分ぐらいから軸索反射による、筋肉内の血管拡張が起こります。

筋肉は、血液に乗って運ばれるATP(エネルギー)や酸素が入ってこないと緩むことが出来ません。

鍼治療は反射によって、筋肉内の血管拡張を起こして血液循環を改善して、筋肉を緩めるのです。

ただし、直接原因の筋肉に刺鍼しなければ緩みませんので、原因筋にしっかり安全に刺鍼する必要があります。

これができるかどうかが、鍼灸師の腕の違いでしょう。どこが原因で、どういった鍼灸施術をするか、説明してくれる鍼灸院は良い鍼灸院です。そういった鍼灸院をお勧めします。

 

椎間板ヘルニアの治療

基本的な治療には、保存療法と手術になります。保存療法は薬物療法(痛み炎症を抑える非ステロイド性抗炎症薬や筋弛緩薬などの塗り薬や張り薬です。)神経ブロック(局所麻酔薬やステロイド薬を局所や神経根部に使用します。)装具療法(コルセットでの固定により脊椎の屈曲を制限して椎間板を圧迫させないようにします。)痛みが軽減してきたら運動療法(腰回りの筋肉をリハビリで鍛えてサポートを強くしたり、逆に緊張が強すぎる部分を緩めたりさせる。)や温熱療法(温熱刺激による血管拡張で患部軟部組織の修復を促す。)を行います。

椎間板ヘルニアの手術は、腰側から行う「後方椎間板切除術」と、お腹側から行う「経皮的髄核切除術」があります。

最も多く行われているのが「後方椎間板切除術」です。

全身麻酔をして、背中の皮膚を2から6センチ程度切開して椎弓の一部を切り取り、神経をよけて飛び出した髄核を取り除きます。

手術には合併症や後遺症などのリスクが伴う為、保存療法で改善されない場合や、失禁脱糞などの危険な状態に選択されます。